学会活動

シンポジウム

創立60周年記念シンポジウム

日  程:2022年11月3日(木)09:30〜17:30
開催場所:国立研究開発法人 水産研究・教育機構 横浜庁舎 オンライン併用

共  催:国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産資源研究所

開催趣旨:
水産海洋学会は,前身の水産海洋研究会の創立1962年から数えて今年で60周年を迎える。 当学会は60年間「水産学・海洋学の研究者と漁業者との対話に重点を置きながら,生物資源と環境の相互作用を明らかにし, 水産業の発展に寄与する」という理念の下で学会活動を展開してきた。この理念を体現する学会活動の一つが「地域研究集会」 であり,2022年現在13の研究集会が構成され,当学会の最大の特徴となっている。地域研究集会は日本各地の地域水産業を取り巻く 諸問題を議論・検討する場として機能してきたが,各地域研究集会がどのような活動を展開してきたのか?を俯瞰する機会はほとんどなかった。 一方で,70年ぶりの漁業法改正やカーボンニュートラルの推進などに相まって,水産や海洋を取り巻く状況は大きな転換期を迎えており, より柔軟に対応するためには,漁業現場,特に地域の声が益々大切になっている。 そこでこの節目の年に,直近10年〜将来の10年に焦点を当て,各地域研究集会が果たしてきた役割とその将来性・方向性を考えたい。 このシンポジウムを通して,この「地域研究集会」が今後も水産海洋学会の羅針盤となり続けることを期待する。