一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2018年度水産海洋学会シンポジウム

 
 
日 程:
2018年3月24日(土)09:30〜16:00(シンポジウム)
場 所:
東京海洋大学楽水会館大会議室
共 催:
一般社団法人水産海洋学会
コンビ−ナ−:
宮下和士(北大フィールド科セ),北川貴士(東大大気海洋研),宮本佳則(海洋大),荒井修亮(京大フィールド研セ),三田村啓理(京大院情報),白川北斗(北大フィールド科セ)
詳細はこちら
宇田賞・論文賞・奨励賞表彰式
3月24日(土)12:00-12:10 楽水会館大会議室
評議委員会
3月24日(土)12:15-13:15 楽水会館2階小会議室
総会
3月24日(土)16:10-17:30 楽水会館大会議室
 

2018年度研究発表大会

 
 
場 所:
東京大学柏キャンパス
期 間:
2018年11月16日(木)〜19日(日)

  • 2017年度水産海洋学会研究発表大会についてはこちら
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  第10回駿河湾・伊豆海嶺地域研究集会 −駿河湾の大気・海洋・陸域・海底相互作用−の案内  
  第27回 熊野灘の漁業を考える 「三重県のブランド水産物の現状と課題」の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第81巻 4号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:大阪府の底びき網で漁獲されたイヌノシタ。大阪ではイヌノシタを「アカシタ」と呼び、アカシタビラメを「アオシタ」と呼んでいる。
(写真提供:大美博昭)
下:2017年5月に厚岸港に水揚げされたマイワシ。近年のマイワシ資源の増加に伴い道東でも漁獲量が急増している。今年の道東産マイワシは脂が乗っており美味である。
(写真提供:谷津明彦)
右:2017年9月22日のNOAA/AVHRR表面水温
道東は9月上旬の台風通過で大幅に水温が低下、それ以降、平年偏差も低いままで推移している。
今年はサンマの不漁が続いており、まとまった漁場の形成が待望されている。
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービースセンター)