一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2016年度水産海洋シンポジウム

 
  2016年度水産海洋シンポジウム
潮汐混合が強い海域を利用する海洋生物資源の変動
共 催:
一般社団法人水産海洋学会,日本海洋学会
日 時:
2016年3月14日(月) 9:30〜16:30
場 所:
東京大学小柴ホール
プログラム:
シンポジウムページ
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  水産技術交流プラザより「第29回技術交流セミナー」開催の案内  
  海洋研究開発機構より「ブルーアース2016」シンポジウムの案内(16.03.08-09)  
  2016年度水産海洋シンポジウム 「潮汐混合が強い海域を利用する海洋生物資源の変動」開催案内(16.03.14)  
  第25回「熊野灘の漁業を考える」開催案内(16.02.20)  
  第8回駿河湾・伊豆海嶺地域研究集会開催案内(16.03.10)  
  第46回北洋研究シンポジウム開催案内(16.04.16)  
  一般社団法人楽水会より第3回雲鷹丸シンポジウム開催の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第79巻 4号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:小型底びき網のトモで行われる揚網後の選別作業.伊勢湾の小型底びき網漁業では、夏の貧酸素水塊の拡大とともに、旬のマアナゴ(地方名「めじろ」)を狙うことが多くなる.味付けして干された「めじろの干物」は愛知の名産品、軽く炙ると芳ばしくて美味い。 (写真提供:日比野 学)
中:高梁川の干潟で採取されたアナジャコ。アナジャコ釣りを楽しむ人々は、高梁川の初夏の風物詩となっている。(写真提供:高木秀蔵)
右:2015年10月19日のNOAA/AVHRR表面水温(1日合成)今年は、サンマ漁が近年にない不漁となっている。漁期序盤は親潮第二分枝を通る南下となり、漁場が遠く漁獲量が伸びない一因となった。(画像提供:一般社団法人漁業情報情報サービスセンター)