一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2016年度水産海洋シンポジウム

 
  2016年度水産海洋シンポジウム
潮汐混合が強い海域を利用する海洋生物資源の変動
共 催:
一般社団法人水産海洋学会,日本海洋学会
日 時:
2016年3月14日(月) 9:30〜16:30
場 所:
東京大学小柴ホール
プログラム:
シンポジウムページ
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  一般財団法人自然環境研究センターより生物分類技能検定の案内  
  (地独) 北海道立総合研究機構の研究職員採用試験のご案内 (H28.6.14締切)  
過去のお知らせ
 
   
 
第80巻 1号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:人工ふ化させたトラフグの仔魚 全長3mm。 (写真提供:青木一弘氏)
中:神奈川県の腰越定置網で漁獲されたマイワシ当歳魚から摘出した耳石。今回のバルク分析に用いた。(写真提供:尾田昌紀氏)(写真提供協力: 鐵 智美氏・石村豊穂氏)
右:2016年2月5日のNOAA/AVHRR 表面水温画像。 黒潮の蛇行傾向などが見られる。 水研センターの予測では今後黒潮の蛇行傾向は収束し、直進形に移行することとなっている。 この海域はマイワシ、マサバ等浮魚類の産卵場となっており資源に影響を与える。 マサバは、卓越年級である2013年級が産卵に加入するため、春以降の稚仔魚の加入が注目される。 (画像提供:業業情報サービスセンター)