一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2016年度水産海洋学会研究発表大会

 
  2016年度水産海洋学会研究発表大会
日 程:
2016年11月25日(金)〜27日(日)
場 所:
東京海洋大学品川キャンパス
プログラム:
研究発表大会ホームページ
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  2016年度水産海洋学会研究発表大会の情報掲載  
  2016年度水産海洋学会研究発表大会シンポジウムの情報掲載  
  2016年度九州沖縄地区合同シンポジウム「九州沖縄地区における現場海洋観測と その連携研究」開催案内 (2016/12/09)  
  第6回日本海研究集会−沿岸域の海況情報とその活用法−開催案内 (2016/11/09)  
  第4回南九州水産海洋研究集会「ブリ資源について考える〜資源研究と漁業の視点から〜」開催案内 (2016/10/25)  
  第40回「相模湾の環境保全と水産振興」シンポジウム−自然災害と相模湾漁業の 持続的発展について−開催案内(2016/10/18)  
  ジャパン・インターナショナル・シーフードショーの案内  
  東京大学大気海洋研究所より環境動態分野助教の公募の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第80巻 3号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:韓国のローカルマーケットで取引される親ウナギ
天然物は韓国でも珍重され、高値で取り引きされる。このため、天然の親ウナギについても国際的な保護の枠組みが望まれる。
(写真提供:神頭一郎)
下:伊勢湾産カタクチイワシ
主漁場である伊勢湾北東部水域でパッチ網によって漁獲されたカタクチイワシ。
(写真提供:吉田 司)
右:2016年8月6日のNOAA/AVHRR表面水温図
2016年は1月より現在まで日本周辺海域の全域で高水温傾向で推移している。
この先1ヶ月の気象庁の予報でも、総じて平年より高めで推移する予報となっている。
北西太平洋ではこれからサンマ、イワシ、サバ、スルメイカの漁場が本格的に形成されるが、高水温との関係などその動向が注目される。
(画像提供:漁業情報サービスセンター)