2019年度水産海洋学会研究発表大会

 
 
日 程:
2019年11月8日(金)〜10 日(日)
シンポジウム(8 日)
研究発表(口頭,ポスター),評議員会,宇田賞受賞記念講演(9 日)
研究発表(口頭,ポスター)(10 日)
会 場:
東北大学農学部・青葉山コモンズ
(〒980-8572 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
実行委員会:
東北区水産研究所・東北大院農
委員長 小倉未基
事務局長 片山知史
大会サイト:
https://sites.google.com/view/suisankaiyo2019
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
2019年度水産海洋学会研究発表大会シンポジウム
「ひまわり・しきさい衛星とAI で変わるカツオ漁のこれから」
2019年度九州沖縄地区合同シンポジウム
「魚礁を取り巻く海洋環境と漁場整備技術」
第6回三陸海域の水産業と海洋研究集会
「サンマ漁業を取り巻く現状とこれから」
第20回広島湾研究集会
−気候変動と沿岸海洋生物−
第5回北海道水産海洋研究集会
−北海道周辺海域の海洋構造の長期変動と水産資源変動−
過去のお知らせ
 
   
 
第83巻 4号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:八丈島周辺海域において,棒受網漁業によって漁獲されたクサヤモロ.
(写真提供:日野晴彦)
下:)8月の六条潟において採取されたアサリ.
六条潟では毎年1m2あたり数万個体のアサリが確認される.
(写真提供:曽根亮太)
右:2019年9月24日の「しきさい(GCOM-C/SGLI)」が撮影した有明海・八代海の クロロフィル濃度画像.
今年の夏は八代海でシャットネラの赤潮が発生し,養殖のブリなどに甚大な被害が出ました.
調査船,ブイ,人工衛星,ドローンなど,様々な観測を連携したモニタリングや, ICTを活用したスマート養殖業が今後より一層求められるようになると考えられます.
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービスセンター)
 
 

一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
  2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶