学会の目的
歴史
学会賞
NEW
松宮基金
組織・構成
会則
特許法の団体指定
シニア会員へのお知らせ
学会事務局連絡先
会員の異動・情報変更届
入会のお誘いと申込方法
学会メーリングリスト
研究大会
NEW
シンポジウム
NEW
地域研究集会
NEW
国際活動
海外渡航補助
水産海洋研究
Fisheries Oceanography
学会誌の投稿について
バックナンバー販売
広告掲載のご案内
書籍
NEW
関連機関からのお知らせ
関連研究集会等
公募等
賛助会員サイト
関連サイト
[ English page ]
更新履歴
〒162-0801
東京都新宿区
山吹町358-5
水産海洋学会

事務局へのお問い合わせ:jsfo-post
第34 回「相模湾の環境保全と水産振興」シンポジウム(案)
−相模湾の海洋環境と生物相の長期変動について−
日 時: 2010年10月19日(火)
会 場: 神奈川県西湘地域県政総合センター
共 催: 水産海洋学会、(財)相模湾水産振興事業団、小田原市
コンビ−ナ−: 平野 敏行(東京大学名誉教授)、長谷川 保(神奈川水技セ)、 武井 正((財)相模湾水産振興事業団)、岩田 静夫(元神奈川水技セ)


 
開会のことば:篠田 厚((財)相模湾水産振興事業団)
09:30〜10:00
挨  拶:桜井 泰憲(水産海洋学会長)
      加藤 憲一(小田原市長)
      武井 正  ((財)相模湾水産振興事業団理事長)
基調講演
「気候変動と私たちの暮らし」 ―歴史資料に学ぶ−
近藤 純正(東北大学名誉教授)
10:00〜10:50
話題
1.日本周辺海域に起こった海況の長期変化
友定 彰(元中央水研)
10:50〜11:20
2.相模湾に起こった海況の長期変動の特徴
清水顕太郎(神奈川県水技セ)
11:20〜11:40
−(昼    食)− (11:40〜12:30)
3.相模湾における水質環境・プランクトンの長期変動
山田 佳昭(神奈川県水技セ)・石川 泰介(いであ株式会社)
12:30〜13:00
4.相模湾における魚類相の長期変化
片山 俊之(神奈川県水技セ相模湾)・楯慎一郎(いであ株式会社)
13:10〜13:40
5.総合討論:平野 敏行(東京大学名誉教授)

(1) 現場からの意見
  1. 定置網漁業者:加藤 孝
  2. 刺網漁業者:鈴木 喜一
  3. 遊漁漁業者:後藤 勇
(2) 討 論
13:40〜14:30
閉会のことば:杉山 武((財)相模湾水産振興事業団)
開催趣旨:
 相模湾の漁場環境と生態系は、河川水の大量取水、陸域からの負荷量 (生活廃水、工場廃水) の増大、下水処理水の増大、陸域開発と河川流域の改修・管理による浄化力の低下など陸域環境の大改変と黒潮系水、房総沿岸系水、東京湾系水などの湾外の海洋・水質環境に強く影響される。
 近年日本周辺海域では、大型クラゲの日本海への大量来遊、東北沿岸から相模湾への来遊、サワラの分布域の北上、アイゴの分布域の北上と食害、磯焼け現象の拡大、湾東部沿岸域の海草消滅など、「海の温暖化」に関わるような現象が頻発している。
 そこで、今回のシンポジウムでは、日本周辺域の海洋環境と気候変動(温暖化)との関わり、相模湾の海洋環境と湾外の海洋環境との関わり、相模湾の魚類相の変化と海洋環境との関わりなどについて論議し、相模湾の海洋環境・生態系保全とモニタリングのあり方について考える。